忍者ブログ
炉ばた煉瓦の従業員 F田 による業務記録。 日々の出来事や考察、その他お店の情報等を書いていきます。
 19 |  18 |  17 |  16 |  15 |  14 |  13 |  12 |  11 |  10 |  9 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆さんこんにちは。
1月7日です。

http://www.nnh.to/01/07.html



本日は七種だそうで。
疲れた胃を休める・・・まあそういう事なら草を食べるのも悪くない気がしますね!?





拍手





煉瓦は店員側にとって、歩きやすいホールだと思います。
通常であれば、お客様から呼ばれる以外の動きとして、卓上の空いた食器を下げる。あるいはファミレスはお冷の注ぎ足しで巡回するところもあります。

煉瓦の場合は、それらに加えて焼き物の観察をする必要があります。
目的が多いので、歩きやすい。

焼き物に関しては’’お客様が焼く’’というのがお店のコンセプトですが、だからと言って全部放置していいという事はありません。

基本的に、自分の仕事は’’お客様のお食事のお世話をする事’’と考えていますが、仮にお客様の焼き物が焦げすぎたりしてまともに食べられなかった場合、これはお世話失敗という事になるでしょう。お客様の失敗は自分の失敗も同然。そう考えるのが自然です。ですから、時折ある焦げた焼き物を見るとがっかりしますし、綺麗に焼けた焼き物を見ると食欲をそそります良かったという気持ちになります。

そういうことで、焼き物の観察は必須。それを中心にホールを立ち回っている(なんか言い回しがパチンコ店みたいですがw)日々です。まだまだ至らない部分が多いですが・・・。

一卓ずつ網の上の焼き物を見て、テーブルの上を見る。見る箇所が多いので、お客様へ視線をやってしまう事故が起こりにくいです。

そして、焼き物が燃え(焦げ)そうな状態であれば火力の弱い場所への移動を促したり、食べ時になっているのに焼いている状況であれば、様子を見て食べ時である事を伝えます。

ここで難しいのが、どこまで手出しをするか。です。

お客様が焼く

というコンセプトではあるものの、何が何でも絶対そうでなくてはならない。という事ではないです。従業員がお手伝いをする。というお店でもあるからです。

しかし、過度なお世話は、おせっかいというか邪魔と感じさせてしまう場合もあるかと思います。その辺のラインはお客様毎に異なるので、単純な線引きはできません。

何を持ってして、そこを見極めるか?

まずは身なりでしょうか。キャリーケースを持っている方は、大体が観光か出張で遠方からくる方です。そういう方はほぼ炉ばたに行く機会は無いか少ないです。焼き方や食べ時等を知らない可能性が高いでしょう。

逆に軽装な場合は地元の可能性が高いでしょうか。地元でも色んな方がいるでしょうけど、共通して、最初の焼き物提供時に「焼き方はご存じですか?」と聞く事で、ある程度把握できます。「知っているので大丈夫。」と言われれば、ほぼお手伝いの必要はないですし「何となく。」と言われれば、重要な部分(焦がさない様なアドバイス)を説明します。

時折ある、「全くわからない」と言われた時はお手伝いをしますが、この辺りに不平等感が残らないかは常に疑問に思っています。

例えば、席の隣同士でほっけを焼いたとして、片方は(わかっているから)自分で焼く。もう片方は半分くらい店の人が焼いている。

言い方を悪くすると、あっちはやるけどこっちはやらない。みたいになります。

客観的にみた場合・・・というより誰が見ても明らかに不平等な感じがします。

ここでご理解いただきたいのが、「皆様に美味しい食事をとっていただきたく、そのお世話をしたい。」という心理からそのような状況になる。という事です。

↑別に苦情をいただいたわけでもないのに言い訳っぽくなっていますが(笑)


そのために必要なサービスの度合はお客様毎に異なります。

例えば自分が客になったと想像した場合、’’焼いてほしい’’と思うかもしれませんし、’’折角の機会だし、多少焦げたとしても自分で体験したい、やり遂げたい’’という気持ちになる可能性もあります。


という事は店員側にとって、ここまでをやれば良い!みたいな明確な答えはありません。
そこで、さらに考えて出た答えがタイトルです。

’’おせっかいと感じる一歩手前まで’’のお世話をする。

これならばある意味平等な気がします。(やりきれるかは別問題ですが)
忙しかったりすると、どうしても疎かになったりするので、これを接客面での目標にしようかと思います。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
プロフィール
HN:
F田
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/02/03
職業:
飲食店勤務
趣味:
ゲーム他
自己紹介:
店長に代わりましてF田がお送りいたします。
フリーエリア
Copyright ©  炉ばた煉瓦でございます。  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]